返済方式のリボルビング方式とは

キャッシングの返済方式を見てみると「借入残高スライドリボルビング方式」と書かれています。
この方式の返済はどういったものかという事を知っておく必要があります。

 

「借入残高スライドリボルビング方式」とは

キャッシングの返済方法で最も多く採用されているのが「借入残高スライドリボルビング方式」と呼ばれる返済方法です。

 

この方法は、現在の「借入残高」に応じて、決められた「最低返済額」で毎月返済を続ける方法で、借りたお金の金額(借入残高)が少なければ毎月の最低返済額も少なく、借入金額が多くなると、月々の最低返済額も大きくなります。

 

2種類の方式がある

借入残高スライドリボルビング方式には、金融機関によって違いがあります。
違いというのは「返済の途中で自動的に最低返済額が減少するか、しないか」という事です。

 

ある金融機関の場合、借入残高が17万円の時の最低返済額が5,000円とします。
その後、返済を続ける事で、借入残高が10万円を切った時点で、自動的に最低返済額が3,000円に減少します。

 

もう一つの場合、借入残高を60万円の場合、最低返済額を2万円とします。
このカードローンの返済表では、借入残高が50万円以下になると最低返済額は1万円なのですが、返済を続けて借入残高が50万円を切っても、毎月返済額は2万円のままで変わりません。

 

このカードローンの毎月返済額が変わるのは、新たな借入れをした時点での借入残高に対する毎月返済額になります。
つまり、最初に70万円借りて、その後借入残高が30万円になっても返済額は2万円のままですが、追加融資を受けて、借入残高が40万円になった時は、借入残高50万円以下は最低返済額1万円のルールが適用されて、最低返済額が変更になるという方式もあります。

 

繰り上げ返済を取り入れる

この支払い方式は毎月の最低返済額が少ないので、楽な返済が続けられる、というメリットがありますが、返済期間が長いので毎月最低返済額だけでは総返済額が多くなってしまうという事がデメリットになります。
楽な返済が続けられて、返済期間を短くする方法として、普段は楽な返済を続け、お金に余裕が出来た時に上乗せして返済する繰り上げ返済を積極的に取り入れると返済期間を短くする事が出来ます。